「 なんでこんなに外人さんたちが浴衣着て

民宿辺りを歩いてるの??」

実はここは、ミシュランガイド最高ランクの★★★を獲得した、世界遺産熊野本宮と

熊野古道、熊野三山の近くに位置する温泉です。

ミシュランガイドなんて、普段全く関係ない生活送ってますが、まさかここで

ミシュランデビューするとは……

ここの特徴は、車でそれぞれ10分くらいの距離にある、全く

違う泉種の3種類の源泉からなる温泉にあります。

 

わたらせ温泉

♨ わたらせ温泉

渓流沿いの露天風呂は大変大きく、ゆったりとしていて、炭酸水素塩泉(重曹泉)で、

保湿効果抜群、滑らかなお湯で飲用も可能です。日帰り入浴可能。

近くにはキャンプ場もあります。

 

 

川湯温泉

♨ 川湯温泉

熊野川支流の大塔川にあり、川原を掘ればマイ露天風呂ができる、

珍しい温泉。夏は清流で川遊びを楽しみ、例年冬(12月~2月)には

川底を掘り、湧き出た湯をせき止めて作る露天風呂「仙人風呂」が

開かれます(水着着用)。川沿いには公衆浴場もあり。

 

 

つぼ湯

♨ 湯の峰温泉

開業1800年。昔から、熊野参詣の人々に親しまれた湯どころで、「つぼ湯」も

世界遺産に登録されています。 硫黄の香りの強い、小さな旅館と民宿が

数件からなる、こじんまりとした温泉郷ですが、日帰り入浴可能なところも

多いです。

 


 

 

また、卵や野菜を買ってその場で茹でて食べられるところも

なかなか面白いです。バッグパッカーが多く、欧米の観光客が民宿を

好んで訪れていて、金髪に浴衣でそぞろ歩く姿も珍しくありません。

 


 

今回宿泊したのはわたらせ温泉ホテルささゆり。

この他に、やまゆりとひめゆりがあって、ささゆりからやまゆり、ひめゆり、

また大露天風呂、家族専用貸切露天風呂 (4つ)は,

全て吊り橋を渡っていきます。

 


ささゆり館内にも、他と比べれば小さいですが、温泉と貸切風呂が

4つついています。

大露天風呂は、400人入れる大きさとされていて、室内から続く露天風呂が

熱め~ぬるめまで全部で4つあって、それぞれ泳げるんじゃないかなと

思うくらいの大きさです。雨天の場合は、編み笠が用意されていて安心。

 

 

 

家族風呂といっても、充分大きくて、開いていればいつでも借りられる

のがうれしいところです。

今回は、空いていて、大露天風呂の一番奥までいったら、いつの間にか

私達だけで貸切状態でした。

私は初めてだったんですが、露天の方にも室内と同じくシャワー、

シャンプーなどなど完備されていて、屋外だけで全部完結します。

空には、満天の星・・・・