アメリカのCNNも「世界の夢の旅行先10カ所」に日本で唯一選んだ、あしかがフラワーパーク。 藤の花で有名ですが、藤の花も一色ではないんです!「うす紅藤」「大藤(むらさき藤)」「白藤」「きばな藤」さらにむらさき藤には「八重藤」(ぶどうみたいです)もあって、本当に見事! 若干開花時期がずれるので、全部一度に満開、とはさすがにいきませんが、他にもツツジボタンバラなどなど、園内は様々な花が咲き、また本当にきれいに手入れされているので、混雑状況もうなずけます。 なんとなく、写真の藤って縦長なイメージはないですか? でも、実際は枝が四方に延々と伸びており、中央に太い藤の樹がどっしりと構えて、尚且つ繊細な藤の花々を見せてくれている感じです。園内には、ところどころベンチとか、キャンプ用の椅子、休憩所があり、座って眺めることもできます。足利1 また、花だけでなく、園内で食べられる食事もなかなか良いですよ。 特に、室内にあるレストラン ウエステリアでは、藤御膳、彩り冷やしうどんバラちらし、サラダ(山盛り)、かなりの美味しさです。他にも、テイクアウトだと佐野ラーメン、焼きそばなど、栃木の美味しいものがたくさんあります。ソフトクリームは、藤ソフトが一番人気のようですが、スカイベリー、とちおとめ、レモン牛乳、濃厚バニラ。正面入口すぐのお土産コーナーも充実していて、あっという間に時間がたってしまいます。足利3 アクセスは、駐車場が心配だったので今回は電車で行ってみました。 JR両毛線「富田」駅から徒歩13分 東武伊勢崎線「足利市」駅からも開花時期はシャトルバスが出ています。 車だと東北自動車道「佐野藤岡」ICより約18分、とあります。 入園券は、花の咲き具合によって大分差があるようで、大人300~1700円、冬はイルミネーションも有名です。 両毛線は、長閑で、線路脇の麦畑の青々としているところ、手で開け閉めする車両、と、なんだかなつかしさのある趣です。 せっかくなので、すぐ近くにある栗田美術館にも行きたいところです。伊萬里、柿右 衛門、鍋島を所蔵する世界屈指の陶磁美術館だそうです。(2016.5.5)